Menu

A+ A A-

小野の祭と伊那街道

 

辰野町の中でも「小野」の地域は別の歴史があります。
そんな小野の歴史を垣間見ることが出来る、五穀豊穣に感謝する矢彦神社の例大祭が今年も行われました。

また、10/12は伊那街道呑み歩き。
歴史街道は、秋真っ盛りです。

10/7の矢彦神社例大祭。小野各地区の山車が出て、壮観な祭です。
小野駅前では屋台と辰野太鼓の披露。

小野駅屋台

辰野太鼓

ラジオ番組の取材も受けたりとかして。

ラジオ取材

こちら、御柱バージョン。「雲助」さんは、またあとで登場します。

雲助夜明け前

山車です。地区ごとに山車があり、お囃子も違います。

山車

弥彦神社は、辰野町小野の神社ですが塩尻市の中にあります。
全国でも珍しい、飛び地神社です。
山車が鳥居をくぐるときは、圧巻!

弥彦神社

「雲助」さんです。
雲助とは、江戸時代に、宿場町や街道で荷物運搬や川渡し、駕篭かきをしていた人達のこと。
小野宿は宿場町なので、この「雲助」も多く、祭に昔から参加をしていたのでしょう。
御柱際でも大活躍します。

雲助さん

社長も山車引き、頑張りました!

小野社長

そして10/12は、伊那街道呑み歩き。
辰野から飯田までの蔵元が集まっての呑み歩きです。

伊那街道呑み歩き

例によっていつもの離れた場所で出しておりましたが、たくさんのお客様に足を止めていただきました。

伊那街道呑み歩き

小野宿産美山錦の「憑の華」や「生一本ひやおろし」を愉しんでいただきました。
この日はとても寒く、遅くに来ていただいたお客様は「凍えて」いらっしゃいました。
お酒で、少し温まっていただけたでしょうか。

三州街道・伊那街道の宿場町小野宿の秋は、駆け足です。
いよいよ新穀を使った、酒造りが始まっています。