Menu

A+ A A-

香り華やか吟醸酒の愉しみ方

夜明け前生一本

夜明け前の吟醸酒といえば「生一本」。
華やかでフルーティーな香りがうれしい、純米吟醸です。

吟醸酒といえば「冷やして飲む」が定説のようですが、それは日本酒の自由さ。
料理やシチュエーション、熟成の度合いによって、様々な飲み方があるのです。

というわけで、吟醸酒の飲み方と愉しみ方をご紹介。

吟醸酒って?

吟醸酒とはお米を60%以下に精米し、特別に吟味して造った酒で、フルーティーな香りと上品な味、端麗で華やかななめらかさが特徴です。

そして、米だけで作った吟醸酒を、純米吟醸と言います。
精米歩合をもっと低く、特別に作った吟醸酒が、「大吟醸」です。

「吟醸酒」という呼び名は明治からあったようで、ただそのお酒は品評会用のもので、一般の市場には出まわらなかったようです。

吟醸酒はどこで買うの?

叶屋

日本酒専門店には全国の吟醸酒があります。地元のものなら酒屋さんにあります。
初めてなら、好みを聞いて紹介してくれる酒屋さんが良いでしょう。

吟醸酒にかぎらず、その土地の風土や食文化、水、酵母によって、酒は表情を変えます。
同じ山田錦を使っていても、新潟・静岡・長野・関西・九州と、違うものです。

酒屋さんには日本酒のプロがいらっしゃいますので、どんな食事が好みで、どんなシチュエーションなのか、おうち飲みなのかご贈答なのか、燗酒か冷かなど好みを伝えると、オススメを教えてくれます。

同じ銘柄でも、純米酒と本醸造などの違いがあります。もちろん、味も香りも違います。
わからなければ、聞くのが一番。まずは酒屋さんに行ってみましょう。

日本酒居酒屋って敷居が高い?

信州おさけ村

日本酒といえば料亭なんかを思い浮かべてしまいますが、最近では日本酒を揃えている居酒屋さんも多くあります。
なんといっても、自由な肴や様々なテイストの酒があり、店主のこだわりもあったりして、格式張った料亭にはない楽しさがあります。

そんな日本酒居酒屋には、吟醸酒が多くあります。
大吟醸も良いですが、「ちょっと良いお酒」ということと、日本酒が初めての女性のも飲みやすい、上品で淡麗なためいろんな料理と合いやすいので、吟醸酒はうってつけです。

そこでも、わからなければ聞く。
喉をビールで潤してからでも良し、軽めのさっぱりした酒から入るも良し、店主が好みを聞いてくれますので、どんなものがあるのか聞いてみましょう。

一般的に、最初は淡麗系さっぱりとした吟醸酒からはじめて、食中酒には料理を活かす香りの少ない純米酒、純米吟醸を、終盤にちょっとくせがあったりこっくりしたタイプを選ぶと良いでしょう。

こういう時だからと大吟醸を頼みたくなるのもわかりますが、香りが強い酒と刺身などは、吟醸香が勝ってしまい、肴の生臭さが強調されてしまう場合も。
香りの強いものも、終盤に持ってくるのが良いようです。

香りが自然なタイプの純米吟醸は、食中酒に最適。酸味のあるタイプは、油分が多い食事をさっぱりとしてくれます。
様々な食事と相性を楽しみながら、好みを見つけるのも楽しい時間です。

新橋にある「信州おさけ村」は、信州の日本酒が勢揃いした地酒ミュージアム。
今なら新酒が勢揃いです。
スタンドバーで、肴は野沢菜や信州サーモンなど信濃ならではのものも。
同じ信州の蔵でも様々なテイストがあるので、ぜひ飲み比べてみてください。
もちろん、夜明け前もありますよ。