Menu

A+ A A-

香り華やか吟醸酒の愉しみ方

さて、酒屋さんにて吟醸酒も手に入れた。
または、良い吟醸酒をもらった。

「どうやって飲むのが良いの?」
吟醸酒は冷やして、が通説のようですがそんなことはありません。
酒によっては燗することで、料理を引き立てる場合もあるのです。

吟醸酒の適温は

夜明け前の生一本なら、冷やして飲むのが良いです。
信州の冬は寒いので、寒い台所に置いておけば冷えてます。
普通の時なら冷蔵庫で保存するのが良いです。純米酒は味が変わりやすいので、一般的に冷蔵庫で保存しましょう。

吟醸酒は華やかなフルーティーな香りが特徴。
そのフルーティーさは、酸味とのバランスも重要です。
あまり燗をしてしまうと、そのバランスが崩れるために、「冷やして」というのですね。

「なまざけ」はそのフレッシュさを愉しむものなので冷やして飲むのが良いですが、香りが穏やかでまろやかさを感じたいと思ったら、ぬる燗もおすすめです。

去年の「生一本ひやおろし」は、熟成された酒特有のまろやかさがあり、ぬる燗にすることで香り立ち、ふんわりとした柔らかさが際立ちました。

新酒の吟醸酒は、まだ固さがあり苦味が感じられる場合もあるのですが、常温にするとやわらかくなります。
新酒のフレッシュさを愉しんだり、食前酒の場合は冷で、食事と共に、香りを愉しむなら、冷から常温というところでしょうか。
どちらにしろ、試してみるのが一番です。その酒それぞれの特徴があるので、温度によって新しい発見をしてください。

因みに、燗には「ぬる燗」「人肌燗」「熱燗」などありますが、実は冷やにも固有の名前があります。

「雪冷え」→5℃くらい
「花冷え」→10℃くらい
「涼冷え」→15℃くらい

今時期の夜明け前「生一本」なら、香りが控えめなので「花冷え」10℃くらいがバランスが取れるのでは。
それにしても、日本の言葉というのは美しいですね。

器も大切 上品な香りを引き立てる器を

生一本と硝子の器

吟醸酒は華やかな酒で、冷やで飲むことが多い酒です。
また、繊細で上品で、口に含んだ時のさらさらした感じが心地よいものです。

器はそんな間隔を邪魔しないものを。
小ぶりのガラス猪口や、ワイングラスも良いです。

最近では錫製品や銀製品もあるようですが、香りを変えてしまうものもあるので注意。
燗酒には向いているでしょう。

厚手のお猪口やゴツゴツした焼き物も、燗酒向き。
吟醸酒は、色がついていないガラス製で、薄手のものが最適。
その華やかさや上品さを引き立てるものがよいです。

お気に入りの器は、お酒に合わせていろいろ揃えておくと、新しい発見ができますよ。
日本酒居酒屋などでは、器を選ばせてくれるところもあるようで、うれしい心遣いです。