Menu

A+ A A-

香り華やか吟醸酒の愉しみ方

吟醸酒といっても様々で、酸味が強くパンチがあるもの、香りが芳醇なもの、香りもバナナ香やりんご、パイン、柑橘系の香りを感じるものもあります。

なので、楽しく美味しくいただけるものなら、なんでもよいのです。
ただ、合わせ方によっては料理の味を引き立てることもあり、または悪い部分が出てきてしまうことも。

吟醸酒とワイン

料理

実は、吟醸酒に合う肴は、ワインに合う食事と似ています。
日本酒といえば和食だろう!という概念をちょっと横に置くと、色々な食材や国の食事と合うことがわかります。

ワインも日本酒と同じ醸造酒で食中酒。
食事とともに飲む酒なので、食事に合わせて作られていることが多いのです。

また、最近の日本酒の傾向として、甘さやフルーティーさ、酸味が感じられるテイストが多くなっています。
食事の文化とともに、酒の味も変わっていくのですね。

香りが控えめだけど、吟醸香がフルーティーで、酸味が程よいものは、味があまり濃くないものが合います。
刺身やサラダ、生春巻きも。ただ生春巻きのハーブがパクチーだと酒が負けます。

生一本に合うのが、「野沢菜漬け」。
また、少し強めに冷やすと、ペペロンチーノなどのパスタにも。油分をスッキリとさせてくれて、フルーティーな香りとバジルなどのハーブが相性良く、食が進みます。

酒によく合うといわれる、塩辛などの珍味、蕎麦は、やっぱり純米酒・本醸造がよく合います。
新蕎麦は、ぜひ燗酒で蕎麦の香りを楽しみたいものです。

香りが強く、味にパンチがあるタイプは、食前・食中よりも食後酒に。
最初に香りが高いものを呑むと、後の料理が負けてしまうことがあります。

食事と一緒に楽しむのなら、吟醸香と酸味のバランスがとれた、長く飲み続けられるタイプのものが良いでしょう。
大吟醸でも、純米大吟醸なら香りも控えめなので、ちょっと贅沢な特別な時にどうぞ。

飲む時は、和らぎ水も一緒に。
酔い過ぎるとせっかくの香りや料理もわからなくなってしまいます。和らぎ水で、ゆっくりと時間を楽しみましょう。

-----------

夜明け前生一本

いかがですか?
いろいろ薀蓄はありますが、何よりも「美味しく飲みたい!」の気持ちが大切。
お酒は愉しんで呑むものです。格式張ったことは何もありませんので、自由に冒険してみましょう。

吟醸酒は、日本酒初心者さんには入りやすいお酒。
一番最初に出会った日本酒で、その後の日本酒の好みが決まるといっても過言ではありません。

なんでも話せる酒屋さんを見つけて、いろいろ試していると、これはこんな料理に、とか冷やで、燗で、とわかるようになってきます。
吟醸酒は、その蔵の特徴が出る酒。その土地の風土や歴史を思いながら呑むのも粋なものです。

2月1日からは、生一本しずく採りが出荷スタート。
昔ながらの槽(ふね)で絞った、すこしだけ濁りがある、フレッシュな吟醸酒です。
こちらもお楽しみに。

夜明け前生一本詳細はこちら
お取扱店・地方発送