Menu

A+ A A-

生一本ひやおろし解禁です!

ひやおろし

日本酒ファンなら待望の「ひやおろし」。
長野県は9月9日の本日解禁です。

「夜明け前」からは、純米吟醸生一本の「ひやおろし」。
数量限定です!

「ひやおろし」とは、秋から冬にかけてだけ飲める、期間限定の日本酒のこと。
春の新酒を夏の間熟成させ、タンクと外気温が同じになった頃、出荷となります。

そのため、都道府県で解禁日が異なっており、長野県は本日9月9日解禁です。

通常日本酒は2回火入れがされますが、ひやおろしは貯蔵前の1回のみ。
出荷時には火入れを行わない「なま(ひや)」で、秋から冬への冷える時期に出荷されるということで「ひやおろし」といわれます。

さて、今年の「ひやおろし」はというと。

例年のものより辛口に仕上がっています。
口に含むと、「生一本」の香りが広がり、コクのある辛口。
旨みがある、濃い味わいです。

これは、やっぱりぬる燗で、香りを存分に愉しんでいただきたいです。
上手なぬる燗の仕方は、このコーナーでお伝えしていきますね。

原料米:山田錦(兵庫県産)
精米歩合:55%
日本酒度:+4
酸度:1.3

1.8L:3,000円  720ml:1,550円

日本酒度というのは、辛さを示す度合い。
数値が高いほど、辛口です。

涼しくなった夜。お気に入りの猪口で、じっくり味わってください。

取扱店は、長野県内はこちらから
他地域はお問合せください。

関連記事生一本ひやおろしに合う「ぬる燗」とは?

{fcomment}