Menu

A+ A A-

生一本ひやおろしに合う「ぬる燗」とは?

生一本ひやおろし

今回の「生一本ひやおろし」は、旨みが多く香りが高い辛口なので、「ぬる燗」でぜひ味わってみて欲しいお酒です。
「じゃあ、おいしいぬる燗の方法は?」というわけで、失敗しない燗のつけ方をご紹介。

美味しい燗の温度とは

一般に、「ぬる燗」は40度から45度、「熱燗」は50度くらい、「人肌燗」が35度と言われています。

ただし、この温度は温めている時の温度ではなく、猪口にいれて口に含んだ時の温度。
外気温によっても、美味しい温度というのは変わってきます。

寒い時は、人肌燗でも冷たく感じられ、暑い時に人肌燗はぬる燗に思うかもしれません。
要は、美味しい燗というのは、「好み」ということになるのです。

燗に向く酒とは

これも好みです。
一般に「大吟醸は冷で」と言いますが、燗映えする大吟醸だってあります。

純米酒は燗に合うお酒ですが、なんでもかんでも燗に合うお酒なわけではありません。
「生一本」は冷で美味しいお酒ですが、純米酒です。また、当蔵の南箕輪村産山田錦の純米酒は辛口で、燗映えすると言われています。

慣れてくると、「これは燗をしたら面白いかも」ということがなんとなくわかってきます。
燗をすることによって、香りが立ち、まろやかになることがあります。
やっぱり、いろいろ試してみるのが一番です。

失敗しないぬる燗の方法

調度良い燗というのは、長年の勘と経験がものをいいます。
ちょっと油断すると、すぐに温度が上がってしまい「沸騰!?」ということになりがちです。

そこで、初心者でも失敗しない粋な燗の方法をご紹介。

猪口燗

やり方はカンタン。
熱湯を張ったものに、お酒を注いだお猪口をそのまま入れて待つだけ。

その名も「猪口燗」

土鍋

用意するものは、土鍋などの温度が下がりにくいもの。熱湯。
熱湯を土鍋に注ぎ…

猪口燗

お酒を入れたお猪口を、ちゃぽんと浸けます。
暫し待つこと、7秒ほど。(おちょこの大きさやお酒の温度によります)

これだけ!

これなら、温度が上がり過ぎることなく、美味しい温度を試しながら飲むことができますね。

 

今回の「生一本ひやおろし」は、燗をすることで香りがぐっと立ち、まろやかになります。
口に含んだ時に、ほわっとお米の良い香りが広がりますよ。
辛さも抑えられて、食事が進みます。

電子レンジよりもお洒落に燗を愉しむことができます。
見た目も可愛らしいので、食卓でのちょっとしたイベントにも。

秋の夜長。
猪口燗で、粋に日本酒をお愉しみくださいませ。

関連記事:生一本ひやおろし解禁です!

{fcomment}