Menu

A+ A A-

誕生!伊那谷産山田錦の純米大吟醸

伊那谷純米大吟醸

信州伊那谷、上伊那郡南箕輪村。そこで酒造好適米の最高峰「山田錦」の栽培を手がけてきた加藤忠明さん。
加藤さんを始め、3人の「山田錦」を使った、純米大吟醸が実現しました。

3月半ば、蔵出し予定です。

 

 

伊那谷産山田錦の力強さ

山田錦といえば、兵庫県が有名。寒冷な気候の信州での栽培が難しいとされていました。
しかし、近年の気候温暖化で可能性を感じた加藤忠明さんは、山田錦の栽培に取り組み始めました。

様々な試行錯誤の末、品質は上昇し、高品質な一種独特の力がみなぎっている、強さを感じる米として仕上がっています。

伊那谷産山田錦を使った酒が、通年商品の「伊那谷純米」。
辛口でどっしりとした純米酒です。

そして、伊那谷純米7回目の造りの今冬、
かねてより思い描いていた「伊那谷産山田錦で大吟醸を」が実現となりました。

ふなしぼり

ふなしぼり

大吟醸は、昔からの伝統的な手法「槽(ふな)しぼり」
酒袋に醪を入れ、
槽の中に積んで、上から圧力をかけて絞っていきます。

伊那谷純米大吟醸

その米で造られた大吟醸。
今、蔵でひっそりと、とてもよい香りを持ち出荷を待っています。

通年商品となる「夜明け前伊那谷純米大吟醸」。
今の時期だけの生酒もありますよ。

生酒は、要予約。お近くの販売店または蔵元までご予約ください。

1800ml…5,000円
720ml…2,500円

お取扱店・地方発送はこちら