Menu

A+ A A-

伊那谷純米大吟醸で信州を愉しむ

伊那谷純米大吟醸

伊那谷産山田錦で大吟醸を。
ついにその「伊那谷純米大吟醸」が蔵出しとなりました。

大吟醸らしい華やかさと、そして米のどっしりさがバランスよく、辛口でしっかりとした香り高い、伊那谷産大吟醸の誕生です。

伊那谷産大吟醸おひろめ

先日、伊那谷純米大吟醸のお披露目を、蔵にて行いました。

この大吟醸に使われているのは、南箕輪村の山田錦。
加藤忠秋さん、白鳥明男さん、山崎文直さんの3人で作っています。

兵庫県産が最高品種とされる山田錦ですが、信州で山田錦の栽培は向いていないと言われてきました。
しかし、ここ何年かの温暖化に可能性を見出し、様々な試行錯誤の末、品質は上昇し、高品質な一種独特の力がみなぎっている、強さを感じる米として仕上がっています。

今出荷されているのは、火入れがされたものです。
しっかりと安定した味となり、純米酒らしいどっしりさと大吟醸らしい華やかさがバランスよく仕上がっています。
辛口で、しかしふくらみがあり飲みやすく、食事と一緒に愉しめる大吟醸です。

大吟醸とは?その特徴と飲み方

大吟醸とは、米・米麹・醸造アルコールで造られた酒で、精米歩合が50%以下で、固有の香味及び色沢が特に良好なものを言います。
純米大吟醸は、醸造アルコールを添加しない、米・米麹のみで造ったもの。
味わい深く、吟醸香も穏やかであることが特徴です。

小野酒造店では、大吟醸は、昔からの伝統的な手法「槽(ふな)しぼり」
酒袋に醪を入れ、
槽の中に積んで、上から圧力をかけて絞っていきます。

ふなしぼり

ふなしぼり

生の内はフレッシュさの中に雑味を感じる時もありますが、火入れをすることによって雑味が少なくなり安定します。

吟醸香を愉しむためには、まずは冷やで。
口内に含んだ時に抜ける香りを愉しみましょう。

大吟醸は濃厚なものが多く、食前酒か食後酒に向くのは一般的ですが、伊那谷純米大吟醸は辛口でふくよかさも併せ持つので、食事と一緒にも愉しんでいただけます。

-----------

伊那谷産山田錦という、地元の山田錦を使った純米大吟醸。
信州の夜明け前ならではの酒です。

1800ml…5,000円
720ml…2,500円

お取扱店・地方発送はこちら