Menu

A+ A A-

夜明け前にごり酒ただいま元気に発酵中

新酒づくりもいよいよ大詰め!
にごり酒はただいま元気に発酵中。
初蔵出しは、12月の頭です。

 

 

米麹・酒母が揃い、醪造り=仕込みです。
酒の仕込みは「三段仕込み」。
「初添」「仲添」「留添」と、三回に分けて行われます。

酒の発酵は「並行複発酵」といわれ、1つのタンクの中で酵母の働きでアルコールが生成され、麹によってでんぷんが糖に変わるという、日本酒独特の発酵です。

三段仕込みによって酵母が活性を失うことなく発酵が進むため、醸造酒としては高いアルコール度数20度を超えるアルコールが生成されます。
(他の醸造酒には、ビール・ワインがあります。日本酒は、通常原酒に加水して出荷されます)

蒸し米は適温に保たれながら、タンクに運ばれます。

この日は最終段階の「留添」。
こうして、約20~30日間発酵させていきます。

「留添」から10日目の醪。
泡が盛り上がり、ふつふつと発酵しています。耳を澄ますと、かすかに音が聞こえてきますよ。

静かに大切に元気に、発酵中。
にごり酒生は、12月頭に出荷予定です。