“華のある美しい酒は良い米と響きあう”
すべて良質な酒米でつくる酒蔵
小野酒造店
夜明け前を愉しむ

酒造りのこだわり

小野には酒造りを行う上で欠かせない要素が揃っております。
標高810メートル、霧訪山より流れ出る清らかな名水を利用し、米は長野県産美山錦、金紋錦、そして最高の酒米と言われる兵庫県産山田錦。
最高の米、最高の水、最高の環境から美味しい酒が生まれます。
私達は、小野が持つ魅力を酒造りを通して、より多くの人に伝えたい、そんな想いで日々醸造を行っております。

詳しく見る

小野酒造店について

元治元年(1864年)明治維新前夜、初代小野庄左衛門正常によって屋号「千歳屋」として創業しました。
創業当初は屋号にちなみ「千歳鶴」の販売を開始しました。後に「憑の里」と呼ばれていた地名にちなみ、「頼母鶴」と名称を改め現在も地元にて愛飲されています。

詳しく見る

受賞歴

  • ・IWC純米大吟醸部門| リージョナルトロフィー受賞「夜明け前 純米大吟醸」
  • ・長野県知事賞 純米吟醸部門|「夜明け前 純米大吟醸」
  • ・関東信越国税局種類品評会|優秀賞受賞「夜明け前 純米大吟醸」
詳しく見る
商品情報 詳しく見る