夜明け前 金紋錦 幻の酒米「金紋錦」を使用した純米吟醸
味の綺麗さと豊かな香りが魅力

金紋錦は長野県生まれの酒造好適米、たかね錦と山田錦を交配させた品種です。昭和39年に開発されたのですが栽培の難しさがあり使われなくなりました。
近年、栽培技術の改良により復活し、信州の「幻の酒米」と言われています。
製造上気を付けていることは、お米の吸水が速いので浸漬時間に気を使っています。
この酒米で造った純米大吟醸は金紋錦の特長である口を含んだ後の味の綺麗さと香り豊かなお酒に仕上がっています。

最新の受賞歴
2020年
  • IWC シルバーメダル
  • 酒類 純米吟醸酒
  • 原料米(精米歩合) 長野県金紋錦(55%)
  • 辛口
おすすめの飲み方
味わい・香り

その他の商品

その他の商品